電子契約に不可欠な信頼性なら、デジタル契約管理システム機構のパーフェクトセキュア。

電子契約とは

紙の契約書に印鑑を押印することによって行われてきた契約を電子化することができます。
電子契約では、紙の契約書の代わりに電子ファイルを使用し、印鑑の代わりにログインIDとパスワードをもって契約締結します。


デジタル契約管理システム機構の電子契約は、取引にともなう契約を、インターネット上で電子的に締結するシステムです。
近年のインターネット技術と高度化したセキュリティ、電子契約に関連した法律の急速な整備もあり、電子契約は多くの企業で普及しています。
電子契約で、契約文書の電子化や業務の効率化、印紙コストの削減が可能です。


電子契約導入のメリット

電子契約は導入によるコスト削減(印紙税不要等)、電子化による内部業務の効率化など、いくつものメリットを生み出します。
成立した契約は電子ファイルでのみ保存されるため「文書」に該当せず、印紙税の課税対象外となります。
電子契約システムを使用すると、文書に依らない契約が可能になります。契約文書の電子化や業務の効率化、印紙税コストの削減が可能です。


(1) 紙文書ではないので、印紙税が不要になります。
(2) 受け渡しが不要のため、郵送代や交通費の経費が削減されます。
(3) 保管場所をとらず、セキュリティも万全です。
(4) 検索が簡単で事務効率が図れます。


タイムスタンプとは?

タイムスタンプはハッシュ値などを利用する電子署名の一種であり、特に重要な文書を電子化して扱う場合などに用いられます。
電子的な契約書や請求書などを交わす場合、記録日時が請求日や契約日になるため、電子データの日時情報の信頼性が重要となります。
タイムスタンプを用いて、第三者機関により電子データに対して正確な日時情報を付与し、記録時点での電子データの存在証明と非改ざん証明を行います。

当サービスでは、法令に従い、ご利用当事者様全員の契約行為が完了した時点、および契約当事者様全員の契約行為が完了した時点で、自動的にタイムスタンプを付与します。
弊団ではタイムスタンプシステムとしてアマノタイムビジネス株式会社 e-timing EVIDENCE 3161を利用しています。
システムの詳細については同社ウェブサイトをご覧ください。